FC2ブログ

3. 言葉は刃物 【去私対座】

去私対座3

  「言葉は刃物」と聞いてどのようなイメージが沸くでしょうか?「配慮のない言葉に傷つく」のようなイメージでしょうか。初めから悪意をもっての発言はもちろん許されませんが、なにげなく発した言葉であっても相手が傷つくことがあります。言葉の解釈は受け取った人次第で大きく変わります。届いた言葉がその人の感情を呼び起こします。自分の発言に相手が予想外の反応(喜怒哀楽などの感情)をして驚くこともあります。 「いやいや違うったら。・・・そんな意味で言ったんじゃなくて」 こんなセリフ、日常の中でよく出てくるのではないでしょうか?、或いはスルー(無反応)されてしまう場合も。相手が家族や友人でも発話者の意図どおりに反応してくれるとは限りません。むしろ意図した通り、ズレることなく受け取ってもらえる方が奇跡です。

  人の言葉に傷つく、或いは逆に人を傷つけてしまうと相手への不信や嫌悪が生じます。言葉は一度口から飛び出たら長く相手の心に留まります。どうあっても取り戻すことはできません。政治家の失言が世間の猛反発を呼ぶ事件もよく起きています。それ故「沈黙は金」と言うことわざのように黙っていることが生きる知恵の一つになったのでしょう。けれども「物言わぬは腹ふくるるわざ」(徒然草)のように言いたいことを言わないでいるとストレスがたまります。難しいものですね。
 キャリアカウンセリングでは相手の言葉に即座に反応するのが良いコミュニケーションとは限りません。(かと言って考えすぎて沈黙が長くなると相談者の方が不安になってしまいます。)相談者の悩みがカウンセラーから見て些細なことのように思えたり、堂々巡りをしていたりするためカウンセラーの方が早く相談者を説得しようと焦り、決めつけ的な言葉を行ってしまうと、最悪の場合相談者は傷ついて離れていってしまいます。「言葉は刃物」です。

 自分の言葉が相手にどのような反応を呼び起こすかを瞬時に計算して最適の言葉を選べるのがベストなのでしょうが、それができる人はプロ中のプロでしょう。私が心がけているのは、幾つかの言葉や言い方を候補として考え、頭の中でシミュレーションすることです。相談を続けている間にシミュレーションを繰り返しますが、ベストと思える言葉が確定するまでは、とりあえず会話を繋げていき(なるべく相手に話してもらうのが良いでしょう)結論めいた表現はしないようにしています。場合によってはその日に用意していた言葉を出さずに次回以降の相談まで取っておくこともあります。或いは相談の後でよい言葉や表現を思いつくこともあります。それらの言葉はメモしておいて忘れないようにも努めています。

 以上の説明とは別に「言葉は刃物」のもう一つの意味があります。調理で言えばプロの板前さんが鮮やかに魚をさばく時の包丁です。包丁は一口サイズに切り分けます。お客さんが食べやすい(わかりやすい)言葉になるよう適切な語彙を選ぶのは包丁さばきと似ています。或いは医師が腫瘍を切除する時のメスです。患者さんを傷つけないように細心の注意を払いながらダメージ部分だけを取り去ります。相談者の悩みを心の中からきれいに切り取ってしまうような言葉を選ぶのもカウンセリングのスキルです。
 例えば派遣やパートばかりで働いてきた方は自分が正社員よりも劣っているように思いがちです。けれどもじっくりお話を伺ってみると、契約期間や契約先の事業の都合で解雇されてしまったけれどご本人にはなんの落ち度もないことがわかったとします。そう言う場合には「でも、ご自分から辞めた仕事は一つもなかった訳ですよね。つまり素晴らしい忍耐力を持っているといえるのでは?」などと話しかけます。

 キャリアカウンセラーは医師ではないので薬も手術も使えません。使えるのは言葉だけです。自分の語彙を増やし、どんな場合にどんな言葉を使うのが適切なのか、言葉の効力を把握しておくことが大切です。
スポンサーサイト

2. 希望・可能性を二人で信じる 【去私対座】

去私対座2

 相談者とお会いする時間の長さは私の場合一時間位です。繰り返し会えばそれが十時間、二十時間と増えていきます。一連の相談が終わり就職・転職が決まるまでは多い人で四、五十時間位でしょう。キャリアカウンセリングに於いて相談者の悩みや目標を伺っているとその方の人生が垣間見えてきます。それらの情報から就職に役立ちそうな経験や能力を把握していきます。一方相談者は何万時間もの人生を過ごして来ています。因みに20歳の方で約十七万時間です。20歳の方と五十時間相談したとしても約0.03%の時間を共有したに過ぎません。そのように短い時間で適職を見極めるのは難しいことです。キャリアカウンセラーの中にはちょっと話を聞いただけで「この人はこういうタイプ、だからあんな仕事には絶対就けない、あの人はああいうタイプ、・・・・」と分類したがる人がいます。カウンセラーは科学者のように対象を分類するのが仕事ではありません。(とは言え心理学的な知識、社会経済学的な現状認識は有用です)また相談者が実はとても重要な情報を持っているのに自分でも気づかないので話されないという場合も意外とあります。

 私たちは相談者の就職が決まると問題が解決したように感じがちですが、そうではないはずです。(自戒を込めて書いています)そういった錯覚をしてしまうのはもしかしたら、キャリアカウンセラーの仕事が患者の病気を治す医師と似たように感じるからかもしれません。悩みを抱える相談者の話を伺って悩みや職歴(主訴や病歴)を理解し、適職(処方)を検討し、本人の自己決定により応募(手術や薬)を選択するプロセスは医療に似ています。時には就職後にお礼を言われるのも病気が治癒した患者さんから謝辞を頂くのと同様の喜びを感じるでしょう。
 
 一方治療の進み具合がはかばかしくない時、本人も医師(キャリアカウンセラー)も「こんなはずでは」と悩むでしょう。その時に私たちが「無理だねこれは」と諦めたらどうなるでしょう?たとえ未経験の職種や難しい条件であっても本人ができると信じる限りは挑戦を支援するのがキャリアカウンセラーの役割だと信じます。医師が「奇跡的な回復力ですね」などと本人の予想外の頑張りについて驚くことがある以上、キャリアカウンセラーも相談者の力や可能性を信じて粘り強く支援するのがあるべき姿ではないでしょうか。

1. 去私対座 【去私対座】

去私対座1

 キャリアカウンセリングの現場でお話を伺っていると、どうしてそれ位の事で辞めたのか、とか自分ならそんな場合にこうしただろうに、などと様々な考えが頭に浮かんできませんか?そうした自分の考えに囚われて相談者をつい批判的に見ていると相手の大事な発言を聞き漏らし、的外れな就活プランを提案する、或いは無配慮な発言で相手の気持ちを損ねてしまう、などのリスクが生じます。或いはまた相談者の職歴が華々しいものだったり相当な高収入を得ていたことがわかったりする(自分より優れているなどと感じる)と、それほど有能なら自分で何とかすればいいじゃないか、と羨望や邪心が頭をよぎるかも知れません。実は、真摯な傾聴を妨げているのはあなた自身かもしれません。

 「あなたはいいね、話を聞いて意見を言うだけなんだから」などと相談者から言われることも時にはあります。「聴く」行為は傍目には簡単で気楽な作業に思われがちですが、キャリアカウンセリングの現場にいる人は「全然そうじゃない、とても疲れる仕事」だとわかっているでしょう。カウンセラー自身のストレスコントロールも大切な日常メンテナンスです。とは言え相手のお話を一生懸命伺って、受け止める。これがなければ相談者との信頼関係は築けません。そういった現場経験から、聞く姿勢の重要性を忘れないように努めなくては、と常々思っています。

 自分の心を真空状態にして、相手の思いや状況理解をていねいに吸い込んでゆく。「去私」は「則天去私」から借りました。夏目漱石による造語で、「天に則(のっと)り、我執を捨てて自然体で生きる」という漱石の晩年の哲学的境地を表しています。「対座」は茶道での学びから取り出しました。茶室においてはお互いが身分を忘れ、もてなし、もてなされ、相手を敬います。相手を下に見ることも上に見ることもなく対等の生(なま)の人間として向き合う。「去私対座」は私自身がこうありたい、と考えたカウンセリングの現場での姿勢です。自戒を込めて。

 


99. ファイト! 【就活おみくじ】

スライド99

「ファイト! 戦う君のことを戦わないやつらが笑うだろう」 

 中島みゆきの「ファイト!」という曲の一部です。中島みゆきが深夜放送に出演していた昔、中卒で働いている女性から届いた手紙が作曲のきっかけだったそうです。「私は中卒なので事務の仕事をさせてもらえません、工場でしか働かせてもらえません」というような投稿だったようです。職場で殴られる少年の悔しさを綴った部分もあります。この歌詞に続いて歌われるのは

「ファイト! 冷たい水の中を 震えながら 昇ってゆけ」

です。川を上る、というと昇進や勝ち上がるイメージ(鯉のぼりは子供への親の願いが形になったものと言われています)もありますが、この歌では周りの圧力に逆らって進め、というメッセージです。中島みゆきは北海道育ちです。北海道の多くの川には鮭が遡上しますから傷だらけになって川を泳ぐ鮭の中に「戦っている者」を見たのでしょう。
 他にも「ファイト!」にはこんな歌詞があります。

「ああ 小魚たちの群れきらきらと 海の中の国境を越えてあきらめという名の鎖を 身をよじってほどいていく」
「光っているのは傷ついて はがれかけた鱗が揺れるから
いっそ水の中に身を任せ 流れ落ちてしまえば楽なのにね」

全ての歌詞をここに載せることはできませんがとても素晴らしい詩です。是非ネットで「歌詞 中島みゆき ファイト」で調べてみて下さい。中島みゆきには無名の人、日陰の人、弱い人や傷ついた人へ向けたメッセージを含んだ歌が多くあります。時には優しく、時には勇気づけるように歌っています。「誕生」、「時代」、「地上の星」などが代表的です。

 そして最後の歌詞は再び
「ファイト! 冷たい水の中を 震えながら昇ってゆけ」
です。この「ファイト!」の掛け声が、とても優しいのが印象的です。通常「ファイト!」の掛け声は怒鳴るような口調になるものです。あの有名な栄養ドリンクのCMで「ファイト!一発!」と叫ぶ俳優と比べると中島みゆきの「ファイト!」の声はちょっと気の抜けたような、でも暖かみがある声です。
 誰でも生きていると色々と理不尽な状況に出会います。傷つき、恥ずかしさを感じ、時に絶望することもあります。抱く感情は「怒り」「悲しみ」「恐れ」など様々です。中島みゆきは日々辛い思いをしている人たちへの応援歌を数多く送り出しています。

 私も中島みゆきに見習って就活する人、働く人への応援メッセージとしてこれまで綴ってきました。「就活おみくじ」は今回で第99番目となりました。「就活おみくじ」は取り敢えずの一区切りをつけますが、今後もキャリアカウンセラーとしての発信をブログでしてゆきたいと思います。これまでのご愛読に感謝申し上げますとともに今後とも応援いただけますようお願いいたします。ファイト!!

98. 幼い頃の夢 【就活おみくじ】

スライド98

 中島みゆきの「最後の女神」はニュース番組のエンディングテーマに使われていました。その歌詞を読んでとてもいいなと思ったのが「幼いころに見た夢を思い出してみないか?」です。転職の安定性が高いのは直前までしていた仕事(一番最後に見た夢)ですが、それが難しい場合にはどうするのが良いでしょうか?昔好きだった事を仕事にするなんてそう簡単にはいかない、と誰でも思うでしょう。でも少しだけ観点を変えることで昔よくやっていたことと新しい仕事とを結びつけることはできます。就活でお勧めしているのは過去の仕事の棚卸しですが、おおくくりな職種単位ではなく、細かな作業単位のレベルで行う、或いはもっと昔に遡って好きだったことを思い出すと意外な発見があるはずです。
 先日参加したキャリアカウンセラー仲間の読書会で楠木新氏の「定年準備」が取り上げられました。誰でもやがて定年を迎えますから定年は働く全ての人の重大な関心事です。大企業から中小企業まで殆どの企業が定年を設定しています。ネットで調べてみたところ国によって定年制は異なっているようでした。欧州ではフランスとドイツは日本と同じ65歳ですが英国では2010年に法律が改正され定年制が禁止になりました。アメリカやオーストラリアでも定年制を禁じています。日本の定年制が65歳になったのはつい最近の2013年です。それも2025年までに義務化する条件付きで現状ではほとんどの会社が60歳定年は変えずに65歳までは再雇用するとしています。実は60歳定年もそれほど古い話ではなく1994年からのことでそれ以前は55歳でした。
 定年制の引き上げの背景には平均寿命の急速な伸長があります。会社としては長く居続けられると生産性が落ちるので本音としては早く退職して貰いたい、でも法律で決まっているからできない。そこで時々行われるのが早期退職制度です。
 
 定年にしろ早期退職にしろいずれは会社を去る時がきます。一方で人生100年時代と言われるようになってきていますから定年後にセカンドキャリアを探す必要がでてきます。セカンドキャリアに何を選ぶか、は悩ましい問題です。理想的にはこれまでと同じ内容の仕事を別の場所で同程度の収入で続けることがベストですが、シニアの労働市場は残念ながらニーズとサプライのアンマッチが顕著です。 
 私は早期退職を余儀なくされ、求職活動中に将来像が全く描けずに落ち込んだ時期がありました。約半年間、前職の延長で就活をしましたが全くうまくいきませんでした。それがちょっとしたことがきっかけでキャリアカウンセラーとなり今に至っています。自分がカウンセラーに向いているかも知れない、と思ったのは小学生の頃の記憶が根拠でした。同じクラスに転校生が入ってくると自分から話しかけることが多かった事を思い出しました。見知らぬ人に対する好奇心が強かったのでしょう。こじつけっぽく聞こえるかも知れませんが、知らない人への好奇心(幼い頃に見た夢)と現在の仕事に繋がりを感じています。 

プロフィール
ようこそいらっしゃいました。 キャリアカウンセラーのマニーです。 このサイトでは主に「働くこと」について色々な観点から考えたいと思います。ご意見お待ちしています。

マニー

Author:マニー
今西穂高
埼玉県在住

Counter
リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR