FC2ブログ

お金について

先ほどふと思った。
お金が発明された時、どんな期待が込められていたのだろう。
お金の特徴は、蓄積できること、限りがあること。
蓄積できるから必要な時までは使わずに保存しておける。食べ物のように傷んだりしない。
限りがあるから、使い方を考える。もしお金に限りがないのなら、誰でも無限に得ることができるなら、貧富の差はなくなるのではないか。しかしそれではより環境に適応したものが生存確率を高めるという生物学的なしくみにとっては都合が悪い。限られた資源を求めて争う生存競争と相いれない。
 お金の量に限界があることにすれば、蓄積の多寡が生じ、格差が作られて裾広がりの階層的な共同体が形成される。それが支配する者とされる者という役割を産み、望むと望まざるに関わらず、ルールが作られる。 
 有益な点としてはピラミッド型の構造により安定した秩序がもたらされる。有害な点は全ての生き物は本能によって自分の生存圏を押し広げようとするので、下方から上方への移動運動は絶えず起き、その結果上下間での争いが永遠に続くことだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
ようこそいらっしゃいました。 キャリアカウンセラーのマニーです。 このサイトでは主に「働くこと」について色々な観点から考えたいと思います。ご意見お待ちしています。

マニー

Author:マニー
今西穂高
埼玉県在住

Counter
リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR