FC2ブログ

34. 百聞と一験 【就活おみくじ】

スライド34

 就活をしているとやりたい仕事、入りたい会社について色々な情報が入ってきます。人は良い情報よりも悪い情報の方に敏感です。ネットで会社の悪評を読んでブラック企業ではないか、会社説明会で聞いたことはウソじゃないだろうかと疑ったり。でも本当にそんなに酷い会社ならば、人がどんどん辞めてしまい、最後には経営が破たんするのではないでしょうか。その悪い流れを食い止められないような経営者は不適格ですが、応募する人にはそれを見抜くのは困難です。でも全く情報がないわけではない。面接に行ってその会社の人と会った印象からどんな会社なのかを推測できます。面接官を通して会社の雰囲気、特徴を捉えようとするのは難しいことでしょうが、不可能はないはずです。
 採用されたい気持ちが強すぎると、「あれ、なんだか変だな」という違和感を見過ごしてしまいます。入社してからその違和感がやっぱり当たっていた、「だめだこんな会社は。すぐ辞めよう」ということも少なくありません。中小企業での面接では、会社の現場(工場や事務所)を見せてくれることもあります。それは貴重な機会ですからしっかりと見てください。
 もちろん人間の想像力には限界がありますから、入社する前のイメージと入社後の現場はいつもずれています。でもずれているのは自分のイメージであって、現場の方が現実です。仕事は頭の中での想像よりも常に複雑でわかりにくいものです。やってみないとわからない。それが「百見も一験に如かず」、です。人間って本当に理解できるようになるまでに実に面倒で手間がかかる生き物ですよね。失敗を恐れて何もしないよりは行動しましょう。失敗したらその失敗から学べばよいのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
ようこそいらっしゃいました。 キャリアカウンセラーのマニーです。 このサイトでは主に「働くこと」について色々な観点から考えたいと思います。ご意見お待ちしています。

マニー

Author:マニー
今西穂高
埼玉県在住

Counter
リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR