FC2ブログ

12 ひよっこのキャリア&ライフ 第十二週 内緒(ないしょ)話、と春の風

 キャリアカウンセラーの観点でNHKの朝ドラ「ひよっこ」についてブログを書いています。先週は「働くこと」についての気づきがあまり得られなかったので主に先々週のすずふり亭での会話を中心に続きを書きます。今週のキーワードは「休憩時間、企業理念、労働生産性」です。みね子は省吾に頼まれて由香に届け物をしますが、これは上司の指示を受けたことになるでしょうか?
先週のあらすじはこちら。
http://www.nhk.or.jp/hiyokko/story/12/


【休憩時間】
 今週みね子は休憩時間中に省吾と鈴子からそれぞれお使いを頼まれます。労働法の観点から考えると、休憩時間中に会社(上司や経営者)の指示によって仕事をしたようにも見えます。ただし、みね子はそれを断る事もできたはずなのに、それを自分から進んで引き受けたこと、また省吾も鈴子も休憩中であり依頼内容は会社の業務ではなかったので、業務外の時間にプライベートな依頼を受けて自主的に行ったと解釈すれば、労働問題にはあたないでしょう。さらに言えば戻ってきたみね子にお駄賃を渡しているので、これは業務外収入をみね子が得たとも言えます。実際には想定外の飲食代負担への穴埋めですが。

【企業理念】

 「この職場では仕事中は上下関係も男だから、女だからというのもなし。お互いに言いたいことを言い合う。」

 鈴子のセリフです。すずふり亭でみね子が働くことになる初日、鈴子は経営者として従業員の心得を教えます。
 とても短いセリフですが、すずふり亭の企業理念の一つと言えるでしょう。職場では全員が対等に意見を言い合おう、という意味ですね。風通しの良い組織、とかフラットな組織、という企業理念を掲げている会社はよくあるようです。企業理念とは、この企業は何を大切にしてビジネスをしているかを顧客、従業員、投資家などに表明するものです。鈴子は入社式で企業理念を新入社員に伝える経営者と同じことをしているのです。企業理念が浸透してゆくと長い年月の間に会社の性格のようなものができ上っていきます。それを企業風土と呼ぶこともあります。


【労働生産性】

 「仕事というのは決められた時間内だけにするもの。時間内に精一杯働いて、終わったら忘れる。でないと良い仕事はできない。」

 再び鈴子のセリフです。新人として、早く仕事を覚えたい気持ちからみね子は店のメニューを持ち帰って覚えようとしますが鈴子はそれを止めます。
 この鈴子の言葉にもすずふり亭の従業員のあるべき姿が見えます。60年代なのに「決められた時間内で仕事を行う」姿勢は時代の先を行っています。日本人は「終了時間になったから仕事を止める」ことが昔からあまり得意ではなかったのです。ある統計情報によると昨年の日本の一人当たり労働生産性(一時間当りの国内総生産の数字を金額で示したもの)はOECD加盟国35か国中22位です(公益財団法人 日本生産性本部による2016年調査結果)。このように生産性が低いことに警鐘を鳴らす専門家がいる一方で異論も出ています。例えば製品の品質や安全性については世界でトップなのだから生産性だけで捉えるのはおかしい、或いはサービス残業が多いので実際にはもっと生産性は低いはず、などの意見です。

 一方で組織内の激しい競争に勝つために仕事を持ち帰ったり、休日に自分のお金でセミナーを受けに行ったりする人もいます。みね子のように早く仕事を覚えて周りに迷惑をかけたくないという気持ちから自主的に勉強するケースもあるでしょう。
 自分が納得できるようになれるまで陰で努力することと仕事の対価として給料を受け取ることは異なる次元のことですが、時間と賃金という尺度だけだと仕事への積極的な姿勢や熱意も「抜け駆け」や「フェアじゃない」などと見なされてしまいます。でも本当に成長したい人はそうした周りの嫉妬心など気にせず突き進むでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

周りの嫉妬心などを気にせずに仕事に邁進したいですが、なかなかそうはいかない現実もあるのではと感じています。仕事に対する考え方は数多ありますし、なんだかんだ「お金(報酬や対価)」が絡むと本当に面倒くさいことが多いなと思う日々です。

No title

ヒュッテさん、コメントありがとうございます。
お金は一生関わりがありますよね。因みに中国系の仏教では死者に向けてあの世で使えるお金を燃やしてたむける習慣があります。
あの世の沙汰も金次第で、もの悲しい気がします。
プロフィール
ようこそいらっしゃいました。 キャリアカウンセラーのマニーです。 このサイトでは主に「働くこと」について色々な観点から考えたいと思います。ご意見お待ちしています。

マニー

Author:マニー
今西穂高
埼玉県在住

Counter
リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR