FC2ブログ

20 ひよっこのキャリア&ライフ 第二十週 さて、問題です

 キャリアカウンセラーの観点でNHKの朝ドラ「ひよっこ」についてブログを書いています。先週は女性4人がバーに集まり〇〇問題について長い間議論していました。中でもみね子の台詞「自由って何ですか?」は心に残りました。みね子の仕事観がこの台詞に凝縮されていた気がします。「働くこと」から少しそれますが、「自由」について考えてみました。かなり長文になってしまうこと、ご容赦ください。

先週のあらすじはこちら。
http://www.nhk.or.jp/hiyokko/story/20/

 バー月時計でみね子と由香は深い話を始めます。この夜は早苗と時子も加わっての女子会です。

 由香は10歳で母親セツコと死別しています。母親の死因は働きすぎによる心労ということになっていて父親の省吾と祖母の鈴子はそのことに負い目を感じており、自分たちのせいだと言って由香に謝っていました。その息苦しさが嫌で由香は家を飛び出しています。
 まず由香がみね子の生き方に異議を唱えます。

 「辛いことあっても耐えてさ、我慢して、わがまま言わないで一生懸命働いて、辛いこと自分の中にため込んで、けなげで、自己主張しない。・・・もう無理だって、投げ出して欲しい。私のお母さんはそういう人だったから。無理したまま、死んじゃったから。死んじゃうから、そういう人は!」
 さらに続けて由香の人生観が披露されます。
 「自由に生きた方がいいんじゃないのって思う!いい子ちゃん見てるとイライラするってのもあるけど。」

 みね子が反問します。
「自由って何ですか?みんな好き勝手にするってことですか?嫌なことはやんないってことですか?」
 由香の応酬。
「違うよ!しなくていい我慢もあるってこと」
 ここでみね子の人生観が垣間見えました。
「別に、我慢ばっかして生きているわけじゃねえし私。自由って、自分で選ぶっていうことでしょ。人から見たら、そんなんでいいのか。楽しくないでしょって思われても、本人が選んでんだったらそれは自由でしょ!」

【自己選択又は覚悟】
 由香の言う「自由」は仕事や「やるべきこと」に縛られない生活、を指すようです。由香の主張の根拠は無理をして働きすぎ、早死にした母親への思慕にあります。昭和40年代でも過労死の問題が起きていたのでしょうか。
 一方みね子の言う「自由」とは「抑圧」の反対語や「解放」の同意語としてではなく「自由意志による選択の尊重」の意味です。「本人が選んでんだったらそれは自由でしょ!」のセリフがそれを象徴しています。東京に働きに出たのは「自分の意志」によって決めたことだという信念を感じます。辛い決断だったにせよ、「自己選択」を大切にする生き方であり、選択した物事に対して「覚悟」を持つことが大切だとこのセリフから教えられます。

 由香が家族との対話を十分にしないまま自分の思い込みで家を出てしまったのは、言い方が悪いかもしれませんが逃避的な行動に見えます。家を出ていく以上は「好きな人となら苦労してでも必ず幸せになる!」という覚悟を持って欲しい。由香が口下手なために表現できないだけで実は覚悟の上だったのかも知れませんが。

【カントとヘーゲル】
 たまたま今読んでいる哲学の入門書に「自由」について書かれていたので紹介します。カントとヘーゲルは約二百年前のドイツの哲学者で、二人とも「自由」について論じています。以下引用です。

 「カントのいう自由は、欲求に影響されず自律的に判断するというニュアンスが強い。これに対してヘーゲルのいう自由は、どのような欲望が自分に取って「よい」ものであるかを判断し、それをつかみとるところに現れてくるものだ。」
(p202:平泉卓「読まずに死ねない哲学名著50冊」フォレスト出版)

 みね子のセリフをヘーゲル的に解釈すると、集団就職で東京へ行くのがみね子にとって(ひいてはみね子の大切な家族にとって)「よい」ことであると判断し、それを行動に移したことがみね子の「自由」です。一方カント流で行くと「就職したい、したくないという欲求に影響されず自律的に判断する(人として本来選ぶことを期待されるよい選択をする)」のが「自由」となるでしょう。みね子の哲学はカントよりもヘーゲルに近いと感じます。

 さらにみね子が由香に言います。
「親から何かを期待している。それが子供の証拠。自分から親のことを考えて親を許す。それが大人だと私は思います。」
行方不明になった父が自分の意思で失踪したのではと考えた時、みね子は父の気持ちを想像し、父親を許そうと考えました。

「そう思った時、子供じゃなくなったんだなーって、そう思ったんだよね」
 みね子は間違いなく成長しました。しかもそれを自覚できています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
ようこそいらっしゃいました。 キャリアカウンセラーのマニーです。 このサイトでは主に「働くこと」について色々な観点から考えたいと思います。ご意見お待ちしています。

マニー

Author:マニー
今西穂高
埼玉県在住

Counter
リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR