FC2ブログ

79.1回捨てられたから、おかげで強くなれた 【就活おみくじ】

スライド79

 誰でも人生の中で厳しい状況に直面することがあります。それも突然に。様々な偶然が重なって不幸に襲われることは現実に起きます。地震などの天災は典型的な例ですが人の判断ミスによる人災もしょっちゅう起きています。そんな災いに巻き込まれたらあなたはどうしますか?災いをもたらした関係者に強い恨みを持つ?或いは悲嘆にくれる日々を過ごすかもしれません。自分には何の落ち度もないのに将来の夢を断たれてしまい立ち直れない人もいるでしょう。
 2013年のNHKのテレビドラマ「あまちゃん」でユイはアイドルになるという夢を持っていました。それが父親の脳梗塞、看護していた母親の失踪によって潰されてしまいます。ユイは不登校になり、町の不良と付き合い、眉を剃って髪を染め別人のようになります。未成年が親の庇護を失った時の絶望感が伝わります。それでもどん底から立ち直り「うちは1回捨てられたから、おかげで強くなれた」と言えるまでになります。辛い体験をした人ほど強くなる、と言われます。立ち直れる人ばかりとは限りませんが、医学で言えば免疫が身につくのと似ています。若いうちの苦労は買ってでもしろ、という言葉もあります。艱難汝を玉にす、ということわざもあります。
 自分から望んで辛い目にあいたいと思う人はいないでしょうが、困難な壁を乗り越えないと強くなれない、という考え方はスポーツでは一般的です。優勝を目指す人は辛い練習も厭いません。偶然にせよ意図的にせよ厳しい体験によって人は成長します。子供を育てる親の立場からすると、なかなかこれが難しい気がします。親はつい期待を高くし過ぎるので子供を潰しかねない。そうかといって好きにさせておくのも、取り返しがつかないことにならないかと心配。ユイのセリフは友人アキの母親である春子に向けたものですが、「可愛がり方が荒っぽい」はなかなか素敵です。この言葉で私が連想したのは最近野球殿堂入りした星野仙一さんです。ぴったりだと思いませんか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
ようこそいらっしゃいました。 キャリアカウンセラーのマニーです。 このサイトでは主に「働くこと」について色々な観点から考えたいと思います。ご意見お待ちしています。

マニー

Author:マニー
今西穂高
埼玉県在住

Counter
リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR