FC2ブログ

89. 私変わった? 【就活おみくじ】

スライド89

 2013年のNHKのテレビドラマ「あまちゃん」のセリフです。一年住んだ東北沿岸の町、北三陸を出て一人で東京へ向かう高校生アキが、電車のホームで母親に聞きます。

アキ「ねえママ、私変わった?」
春子「え?」
アキ「1年前と、ずいぶん変わった?」
 (電車が動き出す。)
春子「変わってないよアキ!」
春子「昔も今も、アンタは、地味で暗くて・・・(中略)だけど・・・みんなに好かれた!ここで、みん~~なに好かれた」
アキ「うん!」
春子「アンタじゃなくてみんなが変わった! 自信持っていいよ、それは、すごい事だから!」
 
 主人公の成長が定番テーマの朝ドラですから、北三陸での一年間でアキが変わらなかったはずはないのですが、元ヤンキーの母親は素直に「変わったよ」とは言ってくれません。けれども春子はアキのいない場面で「東京にいる時とぜんぜん違う。明るいし、よく笑う」と認めていました。東京からやって来た父親の正宗も、「初めて見る娘の溌溂とした姿に、驚きを隠せません」、というナレーションもありました。アキは変わりました。でも自分が変わったかどうかは本人には案外わかりにくいものです。
 人は自分の事が一番見えにくい。だからアキは親に聞いてみたくなったのでしょう。一般的には家族よりも他人から言われて気がつくことが多いのですが。17歳のアキは自分はどんな人間なのかを知ろうとします。ここまでにアキはドラマの中で

 【海女 ⇒ 駅弁の売り子 ⇒ 潜水士 ⇒ 地元アイドル⇒ 海女カフェの接客】

と短期間で様々な体験をします。東京でのアキは存在感のない女子高生でした。アキが異なった環境(世話焼きでおせっかいな先輩海女やずっと一人で生きてきた祖母、美しい自然)に置かれて様々なチャレンジをするようになったのは、「自分は何者か?」への問いが心の中にあったのでしょう。
 
 実はアキは自分でも成長を感じ取っています。上京が確定的になった時、アキは海女クラブの先輩達に挨拶しています。
 
アキ「(前略)みんなありがどう、オラ。こごさ来て本っ当にいがった。北三陸で、袖ヶ浜で、みんなに会えで本っ当に良がった。みんなに可愛がられで、怒られで、もうオラ、昔のオラじゃねえ、(後略)」
 
 自分の置かれた環境でほめられたり、怒られたり。それは誰にでもある体験です。新人は新しい職場に馴染むように努力します。そうしているうちに徐々に変わっていきます。「変わる」ことは成長すること、と言っても良いと思います。仕事やコミュニティの中で様々な体験をすることで人は成長します。

 ただし、自分だけが変わって相手(環境)は変わらない、と考えるのは間違いです。先のセリフで春子が言ったように「みんなが変わった」ということも起こりえます。相手も自分と同じ様に学ぶ力があるからです。元気のいい新人や能力の高い中途採用の人が組織に加わることで周りがポジティブに影響を受けることもあるのです。自分も相手も変わる。押している人が実は押されてもいる。物理学で言えば作用と反作用の法則です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
ようこそいらっしゃいました。 キャリアカウンセラーのマニーです。 このサイトでは主に「働くこと」について色々な観点から考えたいと思います。ご意見お待ちしています。

マニー

Author:マニー
今西穂高
埼玉県在住

Counter
リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR