【書評】 濱口桂一郎「日本の雇用と中高年」

2. 濱口桂一郎「日本の雇用と中高年」(ちくま新書)2014年5月初版

 著者:厚生労働省在職時に政党や学識者が進めてきた労働政策に直接かかわったこともある行政側の知識人。

 日本の終身雇用制と海外のジョブ型雇用との違いの説明などによって日本の企業が若者よりも中高年をリストラの対象とする理由をわかりやすく説明しています。中高年の雇用について理解を深めたい方にお勧めします。

 リストラや倒産で職を失った中高年が再就職する時にぶつかる最大の壁は「年齢」です。個人の能力や実績のように個人の努力によって超えられるものではなく誰にとってもどうしようもないものです。過去に政策として年齢差別を禁じる法改正がなされましたがそれが却って中高年の求職者にとって無駄な時間を費やす原因となりストレスを高めている状況も産んでいます。企業の本音が「長く働ける若年者が欲しい」という場合でも法律で禁じられた為に「年齢不問」の求人が出されます。中高年は会社の本音などわからないので応募しますが選考結果が届く数週間を虚しく待つことになります。次々と応募を繰り返しても採用に至らずが深い無力感・疎外感を抱き遂にはうつ病になることもあります。その政策提言の研究会で著名な大学教授が年齢差別を強く批判し強力に推進した一時期があったことが本著でわかります。採用の現場とあるべき姿を目指す政策の間の矛盾をはらんだ事象の背景がわかった気がしました。

http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%9B%87%E7%94%A8%E3%81%A8%E4%B8%AD%E9%AB%98%E5%B9%B4-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%BF%B1%E5%8F%A3-%E6%A1%82%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4480067736/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1445341057&sr=1-1&keywords=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%9B%87%E7%94%A8%E3%81%A8%E4%B8%AD%E9%AB%98%E5%B9%B4
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
ようこそいらっしゃいました。 キャリアカウンセラーのマニーです。 このサイトでは主に「働くこと」について色々な観点から考えたいと思います。ご意見お待ちしています。

マニー

Author:マニー
今西穂高
埼玉県在住

Counter
リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR